カメの冬眠と休眠のさせ方 カメの飼い方.com

カメの冬眠と休眠のさせ方

カメの冬眠と休眠のさせ方

カメの飼い方.com>>カメの飼育と世話>>カメの冬眠と休眠のさせ方

カメカメの仲間には気温が下がったり、逆に高くなり過ぎると体の代謝を下げて休眠して過ごす種類がいます。ここではカメの休眠の理由や必要性について考えていきましょう。

カメの休眠とは

カメは変温動物ですので自分で体温調節ができません。そのため、周囲の温度が下がったり、逆に高くなり過ぎると自らの代謝を下げて休眠状態に入り、過酷な時期を乗り越えるのです。


冬に温度が下がり代謝を下げると冬眠状態になり、夏の高温時や乾季に代謝を下げると夏眠状態となるのです。自然界で気温が10℃以下になる温帯地域に棲息するカメの仲間はほとんどが冬眠をします。

また暑い時期に夏眠をするカメにはオーストラリアナガクビガメ、ヨツユビリクガメ、クモノスガメなどが知られています。

冬眠の時期とさせ方

温帯地域に棲息しているカメが冬眠する時期は東日本では10月末頃から西日本では11月頃からが目安となっています。最低気温が10℃を下回ったあたりから代謝が下がり、カメの動きは極端に鈍くなります。

冬眠をさせる場合は春から夏にかけて冬眠前にしっかりエサを与えて体力をつけさせることが大切です。

十分に体力がついたら、冬眠前2〜3週間はエサを与えずに水だけを与えるようにしましょう。冬眠前にはしっかり食べて冬を迎えるイメージが強いですが変温動物であるカメは代謝が極端に下がるとお腹の中のものをしっかり消化しきれません。

そのため、体内にエサが残ったまま冬眠するとエサが腐敗して内臓疾患などの原因になるのでお腹の中のものは冬眠前にしっかり排泄させます。

冬眠させる場所の温度

屋外で冬眠させる場合は温度は自然任せにるなりますが室内で冬眠させる場合は冬眠しているカメを5℃前後で保てるようにしましょう。

極端に寒すぎる場所も問題ですが中途半端な暖かさはカメの冬眠を妨げる上に余計な体力を消費させてしまい、冬眠に失敗してしまうこともあります。

飼育しているカメの冬眠

冬眠は発情のきっかけになるなど自然界で暮らすカメにとっては子孫繁栄のために欠かせない行動のようですが飼育されているカメは飼育容器などの限られた環境で暮らしているため冬眠させると体調を崩したり、死んでしまうこともあります。

特に体力の無い子ガメや購入したばかりで環境に不慣れでしっかり餌付いていない個体などは冬眠させてはいけません。

飼育環境下でカメを冬眠させるのは繁殖にチャレンジしたい時且つ体力が充分にある親ガメである時だけにしましょう。

冬場でも冬眠させずに飼育する場合には気温の低下に注意が必要で10℃以下になると極端に活動が鈍ってしまいますので秋口くらいから気温を意識し、ホットスポットやフィルムヒーターなどを利用し飼育容器内を適温に保てるようにしましょう。

カメの夏眠

自然環境下で夏眠するカメの仲間であっても日本の気候で飼育しているのであれば特に夏眠させる必要性はありません。

ただ温度が上がり過ぎると活性が下がり、食欲が落ちることもありますのでカメの好む適温より高くならないように注意しましょう。

半水棲と水棲種の冬眠

半水棲種で冬眠するカメはイシガメやクサガメ、子ガメがミドリガメとして知られているミシシッピアカミミガメなどです。水棲種ではスッポン、カミツキガメ、ワニガメなどが知られています。

どちらの種も飼育環境下で冬眠をさせる場合には水中でさせたほうが上手くいくことが多いです。

水槽の水深を20cmから30cmになるようにし、甲羅の上から水面までが10cm〜15cmほどになるように調節します。

水深以外は普段の飼育と変えることはなく、もちろん水中ヒーターは入れません。カメが冬眠したら出来るだけ5℃前後で温度が安定する場合を探しておいてあげましょう。

冬眠から目覚める

カメの種類により差はありますが春になり最高気温が15℃を超える頃からカメは自然と冬眠から目覚めるようになります。

カメが動き出したら2週間ほどかけて徐々に元の水位に戻し、その頃からエサを与え始めましょう。

前の記事>>飼育容器の掃除の仕方
次の記事>>ミズガメに最適な陸場選び



関連記事

  • カメの生態と飼育に必要なもの

    日本でもまだまだ自然の多い地域ではペットショップに行かなくとも近所の沼や池でカメの姿を見ることができます。そんな自然界におけるカメの生態を池の>>続きを読む

  • ケージを置く環境と日常管理

    室内でカメを飼育する場合にはケージをどこに置くかもしっかり検討しなければなりません。部屋の作りやスペースなどからある程度ケージの置き場所は限定>>続きを読む

  • 紫外線照射と日光浴の重要性

    池や沼などでカメが気持ちよさそうに日光浴をしている姿はよく見られますがカメの仲間はスッポンモドキなど一部の種類を除き日光浴を頻繁に行います。>>続きを読む

  • 夏場と冬場のカメの世話

    温かい季節になりケージをベランダなどの日当たりの良い場所に置くとカメは喜んで日光浴をしますので温帯のカメでしたら梅雨明けから秋口までは屋外で飼育>>続きを読む

  • カメのエサと与え方

    カメが元気にエサを食べる姿を見るのは飼い主として幸せな瞬間です。そんなカメがどのようなものを好んで食べるのかカメの食性について考えていきましょう>>続きを読む

  • 飼育容器の掃除の仕方

    自然環境下に棲息しているカメでしたら排泄物や食べ残しがあったとしても自然の浄化能力によって分解され、環境に蓄積されることはありませんが限られたス>>続きを読む

  • ミズガメに最適な陸場選び

    ミズガメは基本的には水中生活を好みますが常に水中にいる種は限られており大半のミズガメは休んだり体を温めたりする陸場を必要とします。陸場はミズガメ>>続きを読む

  • PR

    カメのことを知ろう

  • カメの種類と棲息する環境
  • カメの体の仕組みと寿命
  • 日本に棲息するカメの仲間
  • カメの購入方法と選び方
  • 初心者が飼い易いカメと難しいカメ

    種類別カメの飼い方

  • ミドリガメの飼い方
  • ゼニガメの飼い方
  • ハコガメの飼い方
  • リクガメの飼い方 〜心構え

    リクガメ特集

  • リクガメ購入前に知っておきたいこと
  • リクガメが好む温度
  • 初心者に人気な飼いやすいリクガメ
  • リクガメ飼育の環境作り
  • リクガメ飼育に必要な道具
  • リクガメに必要な照明の種類
  • 種類によって変わる飼育環境
  • リクガメを購入後の注意点
  • リクガメの複数飼育 同居を考える
  • リクガメの健康維持と餌

    カメの病気と健康管理

  • カメの食欲がない
  • 目が腫れていつも眼を閉じている
  • 甲羅が以前より柔らかい

    よく読まれている記事

  • カメの体の仕組みと寿命

    カメの体の特徴といえばなんと言っても堅い甲羅に覆われた独特なスタイルでしょう。長い年月を経て様々な>>続きを読む


  • 日本に棲息するカメの仲間

    南西諸島は例外とし日本全国にはイシガメ、クサガメ、ミドリガメの3種類のカメが棲息しています。その中>>続きを読む


  • 初心者が飼い易いカメと難しいカメ

    カメには270種から300種ほどの種類が存在しますがその棲息環境は種類によっても様々です。棲息環境の>>続きを読む


  • 夏場と冬場のカメの世話

    温かい季節になりケージをベランダなどの日当たりの良い場所に置くとカメは喜んで日光浴をしますので温帯>>続きを読む


  • カメの生態と飼育に必要なもの

    日本でもまだまだ自然の多い地域ではペットショップに行かなくとも近所の沼や池でカメの姿を見ることがで>>続きを読む


  • カメのエサと与え方

    カメが元気にエサを食べる姿を見るのは飼い主として幸せな瞬間です。そんなカメがどのようなものを好んで>>続きを読む


  • ハコガメの飼い方

    ハコガメの仲間には浅瀬の水辺を好む種類と森林などに好んで棲息する種類がいますがまずは水辺を好むハコ>>続きを読む


  • ケージを置く環境と日常管理

    室内でカメを飼育する場合にはケージをどこに置くかもしっかり検討しなければなりません。部屋の作りやス>>続きを読む


  • 初心者に人気な飼いやすいリクガメ

    リクガメの中でも飼育の難しい種類のカメから初心者にも飼育しやすい丈夫な種類のカメまで様々なリクガメ>>続きを読む