カメのエサの種類と与え方 カメの飼い方.com

カメのエサの種類と与え方

カメのエサの種類と与え方

カメの飼い方.com>>カメの飼育と世話>>カメのエサの種類と与え方

カメカメが元気にエサを食べる姿を見るのは飼い主として幸せな瞬間です。そんなカメがどのようなものを好んで食べるのかカメの食性について考えていきましょう。

カメは種類によって食べるエサも様々です。エサの種類や与える内容のバランスを間違えると病気や甲羅の成長不良などの原因になることもありますので自分が飼育しているカメの食性をよく理解し、カメが好む最適なエサをバランスよく与えられるようにしましょう。


自然界でのカメの食性

カメの食性は大きく分けて3タイプに分けられます。昆虫や小動物、魚類などを食べる肉食性、野草や野菜などを食べる草食性、そして両方の食性を持つ雑食性です。

一般的に完全陸棲種は草食性、水棲種は肉食性、陸棲種は雑食性の傾向が強くなります。半水棲種は種類が多いので草食や肉食、雑食と食性は幅広いのが特徴です。

しかしこれはあくまでもグループの傾向で同じグループでも食性が異なる種がいることも頭に入れておいてください。

自分が飼育しているカメに適したエサを与えるにはそのカメが自然界で何を食べているかを調べる事が大切で自然界で食べているエサをヒントに最適なエサを探しましょう。

完全陸棲種の食性

完全陸棲種のカメは全体的に草食性が強く、野生下では野草や果物、キノコなどを好んで食べます。しかしセオレガメなど昆虫を食べる種類のカメもいます。

砂漠地帯やサバンナなど乾燥した場所に棲息しているヨツユビリクガメなどの種類では多肉植物や繊維質の多いイネ科の植物を主に採食しており、他の一般的な完全陸棲種は様々な野草をメインに熟して落ちた果物なども食べています。

完全陸棲種の中でもアカアシガメやキアシガメは果物類を好んで食べるカメですので栄養価の高い果物や配合飼料を中心に与えると良いでしょう。

ムツアシガメの仲間など森の中で生活している種類は野草や熟して落ちた果物の他にキノコを好んで食べています。

水棲種の食性

スッポンの仲間やワニガメ、マタマタなど多くの水棲種のカメは肉食性です。しかし水棲種の中でもスッポンモドキのように雑食性のカメも見られます。

スッポンの仲間は泳ぎも上手く動きが俊敏で甲殻類や水生昆虫、小魚などを好んで食べています。

半水棲種の食性

半水棲種は水辺を中心に棲息しているカメでそのほとんどが雑食性です。しかしヒジリガメやオオセタカガメなどのように水草や水面に落ちた果実を中心に食べる草食性の強い種類やオオアタマガメやヘビクビガメの仲間などエビやザリガニなど甲殻類や魚類、昆虫類、両生類を食べる肉食性のカメもいます。

雑食性のカメでも植物性のエサは水草や水面に落ちた果実を中心に採食しているようでこれは半水棲ガメの多くが水中でエサを食べる習性があるからです。

陸棲種の食性

陸棲種のカメはほとんどが雑食性ですがトゲヤマガメなど草食性傾向の強い種類のカメも見られます。

森の中などで生活しているセマルハコガメやモエギハコガメ、ヒラセガメなど水に入ることの少ない種類は昆虫を中心にカタツムリなどの陸棲巻貝やミミズや動物の死骸などを主に採食しています。

水に入ることの多いミスジハコガメは昆虫、ミミズ、動物の死骸などの他に魚や甲殻類、水草なども食べています。

エサの種類

種類によるカメの大まかな食性がわかったら実際に与えるエサについて見てみましょう。

カメの食性を理解したらそれに近いエサを与えるのがエサやりの基本ですが自然界でカメが食べているエサと全く同じものを揃えるのは困難でしょう。その為、ここでは入手しやすいエサを紹介いたします。

草食性のカメが好むエサ

植物性の代表的なエサは野菜や野草をメインに果物やキノコなどを組み合わせるようにします。

野菜ではチンゲンサイ、小松菜、大根の葉、カブの葉、モロヘイヤ、にんじん、トマト、カボチャなどがお勧めでレタス類も食べますがレタス類は栄養価が低い為主食には向かないので水分補給の為の副食くらいに考えておきましょう。

野草ではオオバコ、クローバー、タンポポ、ハコベ、オオイヌフグリ、ツユクサ、ハルジオン、ホトケノザ、エノコログサなどがお勧めで逆に中毒性があるヒガンバナ科やユリ科、ケシ科、スズランなどは与えないように注意しましょう。

キノコではシイタケ、マイタケ、シメジ、エリンギなどなんでも食べます。また果物も種類によって好物な種のカメがいますのでバナナやイチゴ、ブドウ、リンゴなどをおやつとして与えるようにしましょう。

肉食性のカメが好むエサ

肉類や生鮮魚介類はスーパーなどで入手できますが昆虫類や生きた金魚などはアクアリウムショップなどで入手するようにしましょう。

肉類は脂肪分の少ないササミなどを茹でてから与えるようにしましょう。また肉類の与えすぎはビタミンA欠乏症や肝臓障害の原因になるので注意が必要です。

金魚などの生き餌は水棲種や半水棲種に与え、昆虫類は陸棲種に与えるようにします。

冷凍・乾燥飼料を与える

冷凍、乾燥飼料はエサを凍結乾燥や冷凍したもので保存性が高いのが特徴です。乾燥飼料にはガンマルスや乾燥アカムシ、乾燥イトミミズ、乾燥エビ、乾燥オキアミなど様々なものがあります。

ガンマルスや乾燥コオロギは爬虫類ショップで、その他のエサはアクアリウムショップで入手が可能です。

配合飼料

カメ専用に開発された配合飼料は栄養バランスを考えて作られており、保存性もいいので手軽に与えられるエサでもあります。

主に雑食性の半水棲種や陸棲種を対象とした総合配合飼料と草食傾向の強い陸棲種や完全陸棲種用の植物性配合飼料があります。

エサの形状はスティック状や粒状などがあり、粉末を溶かして固めるゼリー状のものもあります。

種類によっては配合飼料に餌付きにくい種類のカメもいますが配合飼料に餌付きにくい種類には他のエサと混ぜて与えながら徐々に慣らすようにすると食べるようになる事が多いです。

ビタミン剤とカルシウム剤

カメ飼育で不足しがちな栄養素がビタミンとカルシウムでその不足しがちな栄養素を補う為に与えるのがカメ用の添加剤になります。

特に完全陸棲種など草食性のカメはビタミンやカルシウムが不足しがちになりますので添加剤を与えるようにしましょう。

ただ何事も与えすぎは過剰症になるので注意が必要です。添加剤は毎日与えるのではなく週に2〜3回程度で十分です。

またカルシウムはビタミンDが無いと吸収されない為、日光浴や紫外線ランプで紫外線のUVBを適度に照射して体内でビタミンDを形成させるか、ビタミンDが含まれたカルシウム剤を与えるようにしましょう。

カメの餌やりに適した時間帯

カメは朝起きてから気温が上がり、甲羅干しなどで体が十分に温まり、活動できるようになってからエサを食べ始めます。

早朝や夕方、夜などは体が冷える時間帯のため体の機能も低下しています。

そのような時にエサをあげると食べたエサを十分に消化する事ができず、消化不良や便秘などの原因になる可能性もありますので餌やりは体が温まった午前から昼間の時間帯に行うのがベストです。

エサの回数と量

カメの餌やりは基本的に1日1回で問題ありません。雑食性のカメならば週に1〜2回位はエサを抜く方がいいかもしれません。

ただし、ギリシャリクガメやケヅメリクガメなどの完全陸棲種ガメなど草食性のカメは毎日あげるのが基本です。

1回に与えるエサの量は雑食性のカメでは頭の大きさ程度が理想ですが野菜や果物などの植物性のエサでしたら食べるだけ与えても問題ありません。

エサの食べ残しは半水棲種や水棲種では水が汚れる原因になりますので早めに取り除いた方がいいですが陸棲種は休み休み食べる事もありますし、水を汚すような心配もありませんので1日位はエサ容器に入れておいても問題ありません。

エサを食べれば糞をするのはカメに限ったことではありませんが元気にエサを食べればそれだけ水槽内の水や床材は汚れてしまうのは当然のことです。

ただ汚れた環境をそのままにしてしまってはカメの病気の原因にもなりかねませんのでケージ内を常に清潔に保つために飼育容器の掃除の仕方を見ていきましょう。

前の記事>>夏場と冬場のカメの世話
次の記事>>飼育容器の掃除の仕方



関連記事

  • カメの生態と飼育に必要なもの

    日本でもまだまだ自然の多い地域ではペットショップに行かなくとも近所の沼や池でカメの姿を見ることができます。そんな自然界におけるカメの生態を池の>>続きを読む

  • ケージを置く環境と日常管理

    室内でカメを飼育する場合にはケージをどこに置くかもしっかり検討しなければなりません。部屋の作りやスペースなどからある程度ケージの置き場所は限定>>続きを読む

  • 紫外線照射と日光浴の重要性

    池や沼などでカメが気持ちよさそうに日光浴をしている姿はよく見られますがカメの仲間はスッポンモドキなど一部の種類を除き日光浴を頻繁に行います。>>続きを読む

  • 夏場と冬場のカメの世話

    温かい季節になりケージをベランダなどの日当たりの良い場所に置くとカメは喜んで日光浴をしますので温帯のカメでしたら梅雨明けから秋口までは屋外で飼育>>続きを読む

  • 飼育容器の掃除の仕方

    自然環境下に棲息しているカメでしたら排泄物や食べ残しがあったとしても自然の浄化能力によって分解され、環境に蓄積されることはありませんが限られたス>>続きを読む

  • カメの冬眠と休眠のさせ方

    カメの仲間には気温が下がったり、逆に高くなり過ぎると体の代謝を下げて休眠して過ごす種類がいます。ここではカメの休眠の理由や必要性について考えてい>>続きを読む

  • ミズガメに最適な陸場選び

    ミズガメは基本的には水中生活を好みますが常に水中にいる種は限られており大半のミズガメは休んだり体を温めたりする陸場を必要とします。陸場はミズガメ>>続きを読む

  • PR

    カメのことを知ろう

  • カメの種類と棲息する環境
  • カメの体の仕組みと寿命
  • 日本に棲息するカメの仲間
  • カメの購入方法と選び方
  • 初心者が飼い易いカメと難しいカメ

    種類別カメの飼い方

  • ミドリガメの飼い方
  • ゼニガメの飼い方
  • ハコガメの飼い方
  • リクガメの飼い方 〜心構え

    リクガメ特集

  • リクガメ購入前に知っておきたいこと
  • リクガメが好む温度
  • 初心者に人気な飼いやすいリクガメ
  • リクガメ飼育の環境作り
  • リクガメ飼育に必要な道具
  • リクガメに必要な照明の種類
  • 種類によって変わる飼育環境
  • リクガメを購入後の注意点
  • リクガメの複数飼育 同居を考える
  • リクガメの健康維持と餌

    カメの病気と健康管理

  • カメの食欲がない
  • 目が腫れていつも眼を閉じている
  • 甲羅が以前より柔らかい

    よく読まれている記事

  • カメの体の仕組みと寿命

    カメの体の特徴といえばなんと言っても堅い甲羅に覆われた独特なスタイルでしょう。長い年月を経て様々な>>続きを読む


  • 日本に棲息するカメの仲間

    南西諸島は例外とし日本全国にはイシガメ、クサガメ、ミドリガメの3種類のカメが棲息しています。その中>>続きを読む


  • 初心者が飼い易いカメと難しいカメ

    カメには270種から300種ほどの種類が存在しますがその棲息環境は種類によっても様々です。棲息環境の>>続きを読む


  • 夏場と冬場のカメの世話

    温かい季節になりケージをベランダなどの日当たりの良い場所に置くとカメは喜んで日光浴をしますので温帯>>続きを読む


  • カメの生態と飼育に必要なもの

    日本でもまだまだ自然の多い地域ではペットショップに行かなくとも近所の沼や池でカメの姿を見ることがで>>続きを読む


  • カメのエサと与え方

    カメが元気にエサを食べる姿を見るのは飼い主として幸せな瞬間です。そんなカメがどのようなものを好んで>>続きを読む


  • ハコガメの飼い方

    ハコガメの仲間には浅瀬の水辺を好む種類と森林などに好んで棲息する種類がいますがまずは水辺を好むハコ>>続きを読む


  • ケージを置く環境と日常管理

    室内でカメを飼育する場合にはケージをどこに置くかもしっかり検討しなければなりません。部屋の作りやス>>続きを読む


  • 初心者に人気な飼いやすいリクガメ

    リクガメの中でも飼育の難しい種類のカメから初心者にも飼育しやすい丈夫な種類のカメまで様々なリクガメ>>続きを読む