夏場と冬場のカメの世話 カメの飼い方.com

夏場と冬場のカメの世話

夏場と冬場のカメの世話

カメの飼い方.com>>カメの飼育と世話>>夏場と冬場のカメの世話

真夏の日中には温度の上がり過ぎに注意

カメ温かい季節になりケージをベランダなどの日当たりの良い場所に置くとカメは喜んで日光浴をしますので温帯のカメでしたら梅雨明けから秋口までは屋外で飼育してもいいかもしれません。

ただこの時期、気をつけなければならないのは温度の上がり過ぎです。真夏の炎天下、日当たりの良い場所にケージを置くと中の水温はグングン上昇して予想以上に暑くなってしまうものです。


そうなると最悪、中のカメが熱中症で死んでしまう事もありますので水温管理はこまめに行う必要があります。また陸地には必ず日陰の部分を設け暑さから逃れられるようにしましょう。

リクガメの場合も同様で屋外に置くときは必ず日よけの為のシェルターを用意します。リクガメの中には自分で掘った穴に入って暑さを避ける種類のカメもいますのでそのような場合には土の厚さをできるだけ厚くしておきましょう。

また日本の夏は湿度が高いので屋内に置いてある場合でもケージの風通しを良くし、蒸れないように注意しましょう。

リスクが高い冬眠と冬場の世話

日本に棲息するカメは自然環境下では冬場には冬眠をしますがそれはエサが乏しく、活動に向かない季節を乗り越える為の手段であって冬眠をしなければ生きていけないという事ではありません。

むしろ冬眠にはリスクがつきもので冬眠に失敗してそのまま死んでしまうこともあるのです。

このように冬眠に失敗するリスクを考えると少なくともエサもしっかり確保できて温度管理も行えるペットとしてのカメは冬眠はさせずに冬でも保温して飼う方が安全と言えます。

ヒーターなどの保温器具を用意して冬を乗り切りましょう。因みに幼体のカメは種類に関わらず冬眠はNGです。

また寒さが厳しい地方では保温ヒーターのワット数を大きくしたり、断熱効果のある発泡スチロールなどでケージを覆うなどしてより断熱効果を高めるようにしましょう。

冬場は気温の低下以外にも乾燥に対してもケアが必要で特にリクガメのケージ内が乾燥しやすいので温浴の頻度を上げるなどして対応しましょう。

次のページではカメのエサと与え方についてみていきましょう。

前の記事>>紫外線照射と日光浴の重要性
次の記事>>カメのエサと与え方



関連記事

  • カメの生態と飼育に必要なもの

    日本でもまだまだ自然の多い地域ではペットショップに行かなくとも近所の沼や池でカメの姿を見ることができます。そんな自然界におけるカメの生態を池の>>続きを読む

  • ケージを置く環境と日常管理

    室内でカメを飼育する場合にはケージをどこに置くかもしっかり検討しなければなりません。部屋の作りやスペースなどからある程度ケージの置き場所は限定>>続きを読む

  • 紫外線照射と日光浴の重要性

    池や沼などでカメが気持ちよさそうに日光浴をしている姿はよく見られますがカメの仲間はスッポンモドキなど一部の種類を除き日光浴を頻繁に行います。>>続きを読む

  • カメのエサと与え方

    カメが元気にエサを食べる姿を見るのは飼い主として幸せな瞬間です。そんなカメがどのようなものを好んで食べるのかカメの食性について考えていきましょう>>続きを読む

  • 飼育容器の掃除の仕方

    自然環境下に棲息しているカメでしたら排泄物や食べ残しがあったとしても自然の浄化能力によって分解され、環境に蓄積されることはありませんが限られたス>>続きを読む

  • カメの冬眠と休眠のさせ方

    カメの仲間には気温が下がったり、逆に高くなり過ぎると体の代謝を下げて休眠して過ごす種類がいます。ここではカメの休眠の理由や必要性について考えてい>>続きを読む

  • ミズガメに最適な陸場選び

    ミズガメは基本的には水中生活を好みますが常に水中にいる種は限られており大半のミズガメは休んだり体を温めたりする陸場を必要とします。陸場はミズガメ>>続きを読む

  • PR

    カメのことを知ろう

  • カメの種類と棲息する環境
  • カメの体の仕組みと寿命
  • 日本に棲息するカメの仲間
  • カメの購入方法と選び方
  • 初心者が飼い易いカメと難しいカメ

    種類別カメの飼い方

  • ミドリガメの飼い方
  • ゼニガメの飼い方
  • ハコガメの飼い方
  • リクガメの飼い方 〜心構え

    リクガメ特集

  • リクガメ購入前に知っておきたいこと
  • リクガメが好む温度
  • 初心者に人気な飼いやすいリクガメ
  • リクガメ飼育の環境作り
  • リクガメ飼育に必要な道具
  • リクガメに必要な照明の種類
  • 種類によって変わる飼育環境
  • リクガメを購入後の注意点
  • リクガメの複数飼育 同居を考える
  • リクガメの健康維持と餌

    カメの病気と健康管理

  • カメの食欲がない
  • 目が腫れていつも眼を閉じている
  • 甲羅が以前より柔らかい

    よく読まれている記事

  • カメの体の仕組みと寿命

    カメの体の特徴といえばなんと言っても堅い甲羅に覆われた独特なスタイルでしょう。長い年月を経て様々な>>続きを読む


  • 日本に棲息するカメの仲間

    南西諸島は例外とし日本全国にはイシガメ、クサガメ、ミドリガメの3種類のカメが棲息しています。その中>>続きを読む


  • 初心者が飼い易いカメと難しいカメ

    カメには270種から300種ほどの種類が存在しますがその棲息環境は種類によっても様々です。棲息環境の>>続きを読む


  • 夏場と冬場のカメの世話

    温かい季節になりケージをベランダなどの日当たりの良い場所に置くとカメは喜んで日光浴をしますので温帯>>続きを読む


  • カメの生態と飼育に必要なもの

    日本でもまだまだ自然の多い地域ではペットショップに行かなくとも近所の沼や池でカメの姿を見ることがで>>続きを読む


  • カメのエサと与え方

    カメが元気にエサを食べる姿を見るのは飼い主として幸せな瞬間です。そんなカメがどのようなものを好んで>>続きを読む


  • ハコガメの飼い方

    ハコガメの仲間には浅瀬の水辺を好む種類と森林などに好んで棲息する種類がいますがまずは水辺を好むハコ>>続きを読む


  • ケージを置く環境と日常管理

    室内でカメを飼育する場合にはケージをどこに置くかもしっかり検討しなければなりません。部屋の作りやス>>続きを読む


  • 初心者に人気な飼いやすいリクガメ

    リクガメの中でも飼育の難しい種類のカメから初心者にも飼育しやすい丈夫な種類のカメまで様々なリクガメ>>続きを読む